芹乃栄

今日は二十四節気の

『小寒』

 

七十二候では

『芹乃栄』

(せりすなわちさかう)

 

寒いわけです。

今日が寒の入り。

これから節分まで寒さが厳しくなります。

 

 

『芹乃栄』は

芹が生え始める頃。

芹は春の七草のひとつで

冷たい水辺で育ちます。

一箇所から競り合って生えていることから

『芹』という名前がついたといわれています。

 

日本には四季があり

季節を感じる言葉がたくさんあります。

 

はなよめ学校では

季節を愉しみながら

女性としてのたしなみを

身につけていきたいと考えています。

 

第2期 1月の講座は

『花のある暮らし』

 

 

花嫁の持つブーケ

挙式後のフラワーシャワー

披露宴会場を飾る装花

 

花との暮らしは

結婚式だけの

特別なものではもったいない。

 

結婚式での花との関わり方を学び

日常の暮らしに取り入れる。

 

はなよめ学校

丁寧な暮らしの提案。

 

*********************

1月18日 19:30~

石和教室

見学随時受付中

お問い合わせ

*********************

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. はなよめ学校第3期 開講しました

  2. 結婚式は人生最大のおもてなしⅠ

  3. おもてなしは『慮る』

  4. はなよめ学校 重太みゆき先生 インプレッショントレーニング

  5. オープンキャンパスのお知らせ